BaruLog × ばるろぐ

12345678910111213141516171819202122232425262728
Google
HOME (Archive)
«Prev || 1 || Next»

「CLANNAD ~AFTER STORY~」第1話、今夏のアニメ、今秋開始のアニメ

■MOON PHASE 雑記 - [感想]「CLANNAD ~AFTER STORY~」第1話

クラナドの本編が この秋から始まります!
これはもうガチなんで、期待しまくり。

アニメ版で幻想世界や「一度は通らなければならない結末」がどう扱われるのか、原作のアフターでは殆ど出番のなかった渚以外のキャラは出てくるのか、それとも原作に沿うのか、なーんて今から楽しみな部分がたくさん。(苦労の連続ながら 渚と2人だけで寄り添って生活していく原作のアフター序盤も凄くすごーく好き)
原作知ってるだけに、後半は泣きまくりんぐな予感です。

OPやEDも、「こりゃもしかして一期・二期共通でいくのか?」と思わせるようなものだったけど、これが新しくなるようで、しかも麻枝准(まえだじゅん)氏&折戸伸治氏の書き下ろしでLiaさんが歌うという、原作スタッフノリノリ参加ですね状態。
期待してます!

■Lia's cafe - 2008.10月「CLANNAD AFTER STORY」主題歌をLiaが歌う♪

ページ右の少し下で音楽聴けます(新作じゃなく既存曲のメドレー)。

****
さてさて、今夏7月からのアニメも最終的に録画対象として残ったのは4月からの2クール作品込みで5つ、そのうちDVD(というかBlu-ray)でも欲しい(または録画漏れをレンタルで見ておきたい)と思えたのが2、3かな。
「夏目友人帳」「我が家のお稲荷さま。」「西洋骨董洋菓子店」、これくらい。ちょっと少ないね。

「友人帳」は、監督が大森貴弘さん、シリーズ構成が金巻兼一さん、つまり地獄少女と同じコンビ。
それだけでも「取り敢えず見てみるか」だったんだけど、キャラデザインや色遣いも好きな感じだったから毎週録画してて、これがまた毎回ハズレ無しの心温まるストーリーで、とても好き。エンディングテーマも静かで温かくて良い。今日の放送も楽しみ。
■YouTube - 中孝介 - 夏夕空「夏目友人帳 - ED」
青空の下で草の上に寝転がってる景色も好きなんだよね~。
原作は未読だけど、いつか買って読んでみたい。
■[6-1][6-2][6-3] 6話好き。燕の喜びようと主人公の優しさが、とてもとても好き。

「お稲荷さま」は電撃文庫ものだったから無条件で取り敢えず録画対象にしてて、結果やっぱり当たりだったかな。
実際に見て、キャラ設定というか個性も良くてそこそこ面白かったから、原作を買い込んで読んでるところ(いま5巻)。原作もそこそこ面白い。

「西洋骨董洋菓子店」はフジテレビのノイタミナ枠で、ノイタミナはいい作品を扱う良ブランドの印象があるから、これも無条件で録画。
登場人物にゲイが含まれるって事で、BL?腐女子向け?なんて期待はしてなかったんだけど、それも良い方向に裏切られ。こないだ原作コミック全4巻買って一晩で読了&同じ作者の別作品にも手を広げ中w

以上が今夏のアニメ。
本当は始まってすぐ何か感想書ければいいんだけど、たいてい録画を溜め込んでて、1ヶ月以上経ってから観てるんだよね~。
他に「ゴルゴ13」とか今春のノイタミナ枠「図書館戦争」とか残ってて、まだ観てないw

****
で、今秋開始のアニメ。
なんか期待できそうなのが多いですよ!
(というか下の方でリストアップして気付いたんだけど、多すぎですよw)

■GIGAZINE - 2008年秋期放送開始の新作アニメ一覧
■ニコニコ動画 - 【2008年秋アニメ】2008年秋 新アニメ一挙紹介!

GIGAZINEの情報をベースに自分の期待作をメモがてら列挙。
放送時間の重複とかあって観られない作品も出てきそうだけど、上側を優先で。

<<<< 期待作 >>>>

◆とらドラ!

「灼眼のシャナ」で知った電撃文庫。以来「狼と香辛料」「我が家のお稲荷さま。」をアニメ化絡みで原作読んでみて今のところどれもハズレなし。それで春ごろだったか、初めてAmazonレビューを参考に、アニメ化前に試し買いしてみたライトノベルが「とらドラ!」。
でもやっぱアニメみたいな分かりやすい入り方をしてなかったからか、ラブコメっていう自分であまり好きじゃないと思ってたジャンルだったからか、買って数ページだけ読んで、「つまんね!」w
こういう文字ものは序盤がしんどいのは分かってるんだけど、まぁ仕事も忙しかったんで、そのまま8月中旬まで放置。
で、お盆休みの間に読んでみたんだけど、なんとまぁこれがめちゃめちゃ面白くて展開のスピード感もあって大ハマリw、そのまま一気に全巻買い込んで、先週やっと最新8巻まで読み終えたところ。

そんなわけで、10月からのアニメにも期待したいところなんだけど、、、何かキャラデザインが最悪なんですけど!すごく下品かつ幼稚なんですけど!!!(いろいろ製作の事情もあるだろうし、これはキャラデザ担当だけに向かって言ってるものではないです)

■とらドラ!アニメ公式サイト
手乗りタイガーこと逢坂大河(右側の女の子)を↑と[原作ライトノベル][コミック版]で比べてみれば、一目瞭然。
みのりんと亜美も今ひとつだしなぁ。男連中は、まぁこんなものかなってレベルだけど、でもやっぱり竜児も微妙に違うかな。のぺーっとしてるだけで、皆が怖がって逃げていくような顔になってない。

このキャラデザインや公式サイトの内容(フォントとかスタッフとかテーマソング周りとか)から邪推して、「まさか、とらドラ!を安易なツンデレものに成り下がらせるつもりではあるまいな?!」って観る前から構えてしまう感じ。
この絵は原作知らなくて電撃文庫じゃなかったら初見で「はいこれ観ない~」レベルですよ。でもまぁ原作ファンだから一応観るんだけどねw良い意味で裏切ってくれることを期待、ということで。

(追記→) 電撃文庫のとらドラ!最新情報を見ると、イメージ違うなぁ程度で随分マシに見える。

◆のらみみ2

この作品、去年だったか第一期が放送されてて、絵のイメージから子供向けだと勘違いして全く観なかったんだけど、ネットでの評価が異様に高いんだよね。そういう訳で、どんなものか、第二期を楽しみにしてるのです。

◆CLANNAD AFTER STORY

この作品は私の人生に組み込まれております。
第一期、まだDVDだから買うの控えてんだよね。早くBlu-rayで発売されないかな。

◆地獄少女 三鼎(じごくしょうじょ・みつがなえ)

自分がニコニコ動画で見かけてハマり、突然去年からガンガンに深夜アニメを見始めるきっかけになった作品の第三期。
この作品は筋の通った背景と展開があるものの、2/3ほどの話数は水戸黄門的というか仕事人的というか、各話が独立してるからネタの続く限りシリーズを続けられそうな感じ。
第三期で完結するのか、それともまだまだ続くのか。製作会社の「地獄の沙汰も金次第」って声が聞こえてきそうだがw
この作品も余程ひどくない限りは買い確定。もちろんDVDじゃなくBlu-rayの待ち状態。

◆のだめカンタービレ 巴里(パリ)編

ノイタミナ枠。
この作品、原作かアニメかがかなり流行ってたような記憶があるんだけど、自分はそのころアニメもコミックも観てなかったんで、全く内容知らないんだよねw
期待して観てみましょうか。

<<<< 観てみたい >>>>

◆今日の5の2

「みなみけ」作者の桜場コハルさんの作品なので一応。
「みなみけ」より前の作品なのかな?みなみけの原作コミックの後ろにおまけで「今日の5の2」が載ってたりして読んだんだけど、「これだけじゃ人間関係とか背景とか、よー分からん」って感じで、ちゃんとじゃなく斜め読んで終了というのが正直な所。
なのでアニメ版でちゃんと観てみたい。

◆かんなぎ

この作品は名前を目にしたことがある程度で、内容は全く知らない。
監督・山本寛、音楽・神前暁ってところが「狙ってる?」って感じだけどw、絵的にはナヨナヨした感じも下品な感じもなく好感持てるんで、取り敢えず期待してみる。

◆魍魎の匣(もうりょうのはこ)

作品名が読めない・・・とか思って公式サイトを覗いてみたら、、、(最初)凄く綺麗です!
9月中旬になってのこの情報の少なさが 進行の遅れを想起させたりするけど、絵的には好きなんで期待してみる。
なんか聞いたことあると思ったら、映画化もされてたんですね。

◆ミチコとハッチン

タイトルとキャラデザインとキャッチコピー(自由に生きたきゃ戦いな!)が面白そうな感じなので。

◆夜桜四重奏(よざくらカルテット)

原作知らないからパッと見の印象でしかないけど、いい感じに見える。

◆美肌一族

なにこれwww観てみるwwwwww

<<<< 一応チェック >>>>

◆あかね色に染まる坂

これ、たしか原作エロゲだよね。
まぁエロゲから全年齢対応アニメ化されるものって、よっぽどストーリーが良いものって印象があるので一応観てみる。

◆屍姫 赫(しかばねひめ・あか)

絵的には好きだけど、あらすじからはストーリーの深さが見えてこないかなぁ。

◆喰霊-零-(GA-REI -zero-)

同上。

◆スキップ・ビート!

絵的にもジャンル的にも苦手なほう(花とゆめだから当たり前かw)、あと制作のハルフィルムメーカーはARIA以降2chで情報追っかけてて、いま一気にごっそり社員が流出してまともな制作体勢を整えられないって噂なのが不安だけど、なかなか細やかな良い演出をする(という印象を持っている)佐山聖子さんが監督なので、一応。

◆ヴァンパイア騎士 Guilty

これも佐山さん監督。
実は春に放送された第一期も録画してるんだけど、まだ観てないw
先にそっち観て決めようかな。

◆黒執事

なんとなく。

◆北斗の拳ラオウ外伝 天の覇王

北斗の拳は好きなんだけど、主人公のキャスティングで非常に嫌な予感。。。
なので期待せずに観てみる。

◆純情ロマンチカ2

たしかこの作品、BL(ボーイズラブ)ものなんだよね。
ってことで作品にはぜんぜん興味ないんだけど、CVに神奈延年さんが。
真人?真人じゃねぇか!w (注:リトルバスターズ!の真人)
てことで、ちょっとだけ観てみるかも。

<<<< 観られない >>>>

◆とある魔術の禁書目録(とあるまじゅつのインデックス)

電撃文庫。

(追記→) この局映らないんだった・・・がっかり。

◆ケメコデラックス

電撃文庫じゃないけど月刊電撃大王(コミック)連載。
電撃大王、試しにここ数ヶ月買ってみてるんだけど、途中からだと流れが分からないから(ケメコは)読んでない。

アニメ化で最初から見られると思ってたのに、放送局が、というかアンテナが・・・
地元なのに映らない・・・

◆タイタニア

シリーズ構成が金巻さん。
あとNHKの作品作りはしっかりしてるってイメージもあるし。
でもBS観られない。


◆獄・さよなら絶望先生

この作品は、ダラ~~んと観るのが吉w

(追記→) TVじゃなかったw

以上。

ヤバい、番組の数が多すぎるw
もし録画したとしても、こんなに観られない。
減らそう・・・w

本当はもっと製作スタッフとかから出来を予測できれば楽なんだけど、見始めて1年ちょっと、たまにWikipediaで調べまくる程度じゃ知識の広がりだって微々たるものだし。
ま、ハマり過ぎない程度にぼちぼちと勉強していきますかね!

****
■Wikipedia - ノイタミナ

フジテレビのノイタミナ、「もやしもん」から知ったんだけど、そのあと放送された同じノイタミナ枠の「墓場の鬼太郎」は全く見なかったんだよね~。

後になって動画サイトで偶然1シーンを目にして、いつもの鬼太郎的な子供子供した作りじゃなくシュールなギャグ満載だったようで、見ときゃ良かったって思った覚えがある。

そのシーンを探してみたら、YouTubeにあった。
↓の2:00頃から3:00まで。これ見て「ええええ!なにこの悪い鬼太郎!!」ってw
■YouTube - HakabaKitarou #6 3/3

[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-09-15 - 20:09:35
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)


ARIAが良すぎる

風景と音楽だけで良すぎるのに、ストーリーまで。。。
これまで一話も外れがないとは。。。

はよBlu-rayで出せコラ!w

てかこのアニメ、普通にゴールデンタイム付近の放送でいいじゃん!
別に深夜でないといけない表現が含まれてるわけでもなし。

まぁ夕方とか夕飯時とか、そんな時間に放送されてたらPCでしかTV録画できない自分は観たくても観ようがなかったんだけど、でも再放送すればいいと思うんだけどなー。

ARIAの前に同じ枠で放送されてた「スケッチブック」も同じく。
家族で観て良いアニメかと。

****
なんか最近は Zzzzzz… がニコニコのARIAコメントの流行りみたいですねww
自分は全然眠くならないどころか、昨日の第9話の録画を3回観たあとニコニコでも観ようとしてるんですけどw

BGMも、ここにリンクはしないけどニコ動にサントラのソングメドレーの動画があって、毎日繰り返し聴きまくってる。
「作業用BGM」とタグ付けされてる音楽動画で本当に全編作業用BGMになったのは、これが初かも。

ぜんぜん飽きない。
良すぎ。

これも財布に余裕ができたら必ず揃える。

****
■ばるろぐ - ARIA The ORIGINATION 第4話
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-03-04 - 20:33:25
カテゴリー:つぶやき - トラックバック(No Trackbacks)
/

遮那ⅡOP2を途中から半音下げてみた

■ニコニコ動画(RC2) - 遮那ⅡOP2を途中から半音下げてみた

またまたニコニコに動画をうp。
かなり頻繁に削除依頼が入ってるタイトル絡みなので、今度のは瞬殺されるかもw

あ、遮那はシャナと読みます。

これまでと同様、画像・音声ともに「傷モノ」にしてはいるんだけどね。
画像にはかなりのボカシを掛けてるし、音声もワザと曲の途中で音程変更してる。

ただ、画像がブロックノイズだらけとか、音声が聴くに堪えない圧縮ノイズだらけとか、そういうことはしてない。

自分がニコニコで知った作品を買う時のことを考えても、ノイズだらけの動画を見て「買いたい!」って思ったことなんか一度もない。
いろいろ見てるうちに、高画質だったり高音質だったり、そういう動画に行き当たって、「うわー、これ欲しいな」と思えるから買ってるわけで。

ま、あくまでも自分の考えであって、他の人がどんな動機で買ってるか、はたまた却下してるのかは知りませんw

映像は完全なおまけだから、じっと見てると酔いそうなくらいのボカシを掛けて、ブロックノイズが出ない程度の圧縮。
音声については今回メインだから良く聞こえるように手を加えてるけど、実はこれも、迫力は確かに増してるんだけど、高域を強調してるから悪く言えば聴き疲れする音。全体的にコンプレッサで潰しまくってるし、音のディテールは結構失われてる。

音声加工にはCubase 4(キューベース・フォー)を使ってて、[こんな感じ]でEQ、コンプレッサ、マキシマイザ、リバーブなどを掛けてる。

加工するとボーカルが後ろに隠れてしまう感じだったから、EQで主に3KHz辺りを少し広めにブースト。
ここらへんあまり詳しくないから、耳を頼りにKOTOKOさんの声が良く聞こえると思われる辺りを。

あとはマルチバンドコンプレッサのお気に入りプリセットを少しいじって立体感を出し、マキシマイザで音圧を上げ、ちょっと広がりすぎてたからステレオエンハンサをステレオ感を狭める方向に調整。で、狭めたあと何故かリバーブ。これは遊びw

リバーブも3%しか掛けてないのに結構効いてんだよね。
最後のスポンサー表示(ここだけボカシ外すつもりだったの忘れてしまった)のアナウンスでよく響いてる。

さて、何でこの動画をうpしたかというと、タイトル通り、半音下げてみたら良かったからw

CD買ったりした後よくCubaseに持ってきて、今回のように音程上げ下げしたりヘッドフォン用の音作ったり、色々いじって遊んでるんだけど、アニメの曲って半音下げると良い感じになるのが多いなーなんて思ってたから作ってみた動画。

というか動画うpしたあと自分の書いた説明文を読み返しながら、(自分の知ってる限りのごく狭い範囲だけど)「アニメの曲というより、半音下げてしっくり来るのってKOTOKO、川田まみの楽曲が多いような」なんて思ってたりしてw

アニメのイメージに合わせるためにボーカルのピッチをいじってるのか、番組OPとしては良く合うのに、単体で聴くと少し違和感がある。

灼眼のシャナ第一期のOP1(前期OP)、川田まみさんの「緋色(ひしょく)の空」とか大好きだけど、出だしの「赤く染めて~」の「~」の部分のビブラートも人工的で違和感あったし。
たしか、あの曲も半音下げると良かったのですよ。

ま、そんなこんなで他の人はどう思うだろうと思って作ってみた動画ですが、うpするタイミングを誤ったのか、というか誤ってて(日曜の朝7時とか、皆寝てるしw)、既に下の方に落ちてしまってて人の目に触れてないw
もうしばらく放置してみたあと、自分でコメントして上げてみますかなw

[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-02-18 - 22:16:02
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / / / / /

ARIA The ORIGINATION 第4話

■ニコニコ動画(RC2) - ARIA The ORIGINATION 第4話 (削除されてます)

先に初めてみる人のための簡単な説明をば。
これだけ知っておけば引っかかることはないでしょう。

・主人公は水無灯里(みずなし あかり)。ピンクの髪の毛の子。
・24世紀頃の火星、ネオ・ヴェネツィアという都市が舞台。
・そのころの地球(マンホームと呼ぶ)のヴェネツィアは水没しているという設定。水没前に多くの歴史的建造物を保存してネオ・ヴェネツィアに移築しているらしい。

・灯里はシングルのウンディーネ(ゴンドラの漕ぎ手・水先案内人)。
・ウンディーネには見習い(ペア・両手袋)、半人前(シングル・方手袋)、一人前(プリマ・手袋なし)の3つのランクがある。
・プリマ以外のウンディーネが単独で観光向けのゴンドラを営業することは禁止されているが、今回の話に出てくるトラゲット(渡し船)に限り、シングル2人での営業が許される。
・灯里が所属しているのはARIAカンパニーという少数精鋭の会社。ウンディーネは先輩のアリシア(プリマ)と灯里の2人のみ。
・社長はアリシアではなく、犬のように見えるアリア・ポコテンという火星猫。
・火星猫は言葉は喋れないが、読み書きができる程の知能を持っている。

・いつもは主役の灯里、シングル仲間の藍華(あいか・青色の髪)、アリス(薄緑色の髪)、その先輩プリマ達が主に登場しているが、今回は登場人物が異なる。(追記→アリスはシングルじゃなくてペアでした)
・藍華がよく口にするのが「恥ずかしいセリフ禁止!」。今回は登場していないが動画のタグやコメントに関連するものが見られるので(最後の次回予告でも口にしている)。
・ちなみに登場人物の呼び名は ほとんどが「あ」で始まる。
・EDの「きんもー☆」はお約束らしい。

さて。
いつもはTV放送動画への直接リンクはしないようにしてるのですが。
今回は誘惑に負けてしまい。。。

今期一番のアニメやっぱりガチでクラナドなんだけど、同じようなことを前も書いた気もするけど、ARIAが良いのですよ。
なんか見てて、ほんわか嬉しくなってくるアニメなのです。

シナリオやキャラ設定も好きだし、作画も良い。
作品の世界観上重要だってこともあるだろうけど、風景がすごく綺麗で、そこらの通行人や小動物も丁寧に描かれてる。

OPが毎回違うのも良い良い。
OPテーマソングを聴きながら、本編に入る前から ふんわりとシナリオに入り込める。

女性の創り出すシナリオは男性のそれと違って刺激は少ないけど、ヤワラカくて良いですな。構えずに見られる。
「スケッチブック」や「らき☆すた」も女性が書いてるね。 (追記→)スケッチブックの作者「小箱とたん」さんって女性かと思ってたら、念のため調べたら性別不明らしいw

ARIAやクラナドは、毎週毎週何度も繰り返して見てるアニメだけど、今回のARIA 第4話も良かったですよ。
自分で録画した分を見た後ニコニコとか、もう全部通して5回以上、好きなシーンとか追加で20回は見てるような。

特に後半の灯里がトラゲットで漕いでるシーン、BGMの良さも相まって、最高でした。
あのBGMはホント風景とマッチしてて、鳥肌モノ。何度も何度も見てしまいました。

動画のコメントによると、第一期のOPテーマソング「ウンディーネ」のアレンジとのこと。とても綺麗な曲です。
曲を聴くために繰り返し見てたってのもあるね。加えて風景も綺麗だし。
絵と音楽で、見てる自分にも そよ風が吹いてくる感じ。

今回はもう一つ驚いたことがありまして。

これまでと作画が少し違うな(良い意味で)、なんて思ってたら、ニコニコのコメントでも作画の話題がやたら多い。
極めつけは最後のスタッフ表示。

なんと原画が一人!
よく見ると、原画、作画監督、演出、全てが同一人物。「井上英紀」さんという御方。
一瞬目を疑ったんだけど、間違いなく一人。

アニメの制作には詳しくないけど、いくらなんでも原画一人なんてのが異常だってことは、毎回OP/EDを見てれば素人でも分かる。

ちなみに[こっちが第3話の原画スタッフ]で、[こっちが第4話の原画スタッフ]

明らかに違う。第二原画の人数も第4話の方が少ない。
これは驚いたというか、何より本編の作画がとても丁寧に描き込まれていて「今回は気合い入ってるな」なんて感心してただけに、「本当にあれ一人で描いたのか???」なんて考えてたら何かジワジワ笑いがこみ上げてきて、しばらく笑ってたw

で、なんでこんな無茶なことを、とか思って調べてみたら、この御方、過去にもこういうことをしてるみたい。
つまり、強制されたというよりは、本人が自身の意志でやってるっぽくてですね。

■はてなダイアリー - 井上英紀とは

『アニメーター。
桜井弘明監督いわく、「うさだ贔屓のヒデキ」。

うさだメインの回は、ひとりで演出・絵コンテ・作画監督・原画までやってのけるほどうさだが好き。

というか、いくらなんでも頑張りすぎである』


ほらねw

ARIAも好きなんだろうなぁ~。
でも、ほんと頑張りすぎて お体壊さないでくださいね。。。

****
■Wikipedia - ARIA
■Wikipedia - アクア (ARIA)
■Wikipedia - ARIAの登場人物

****
で(?)、クラナドw
クラナドが一番オススメなのに、書きたいことが多すぎて纏まらず、いつまで経ってもブログに書けない自分w

というわけで、こうやっていつも他の話題ついでにちょこちょこと。

今回、ドサクサに紛れてもう一つ放送動画へのリンク。
まぁじきに削除されるでしょうし。

■ニコニコ動画(RC2) - CLANNAD -クラナド- 第16話 「3 on 3」 フル 地デジ

今回の3 on 3、原作を超えちゃってるような気がする。
バスケット経験者がどう見るかは分からないけど、バスケは苦手な自分の目には、この試合の時の動きがやたらカッコ良く見える。

キャラの動きがキビキビしててカッコいいし、ボールやゴールネットの動きとか細かい部分も手を抜いてない。
BGMも原作と違う、スピード感と緊張感を合わせ持ったテクノ調の(恐らく)新曲が使われてて迫力倍増。(追記→リミックスアルバムに収録されてる、「同じ高みへ」のリミックスバージョンとのこと。「同じ高みへ」は3 on 3の試合後に流れる曲)
コード進行とかはベタなんだけど、ここはシンプル&ベタ、駆けるようなリズムで盛り上がる。いい曲だなぁ。

アニメ版がいくら良いと言っても、さすがにシナリオに関しては時間制限のあるアニメよりも原作の方が上回ってたんだけど、今回の3 on 3の流れ(第15話~16話)に関しては、これまでのシナリオとの滑らかな繋げ方、あらゆるフラグを立てまくって原作知ってる人だと期待せずにはいられない展開、もろもろ含めてアニメ版が上回ってると思った。

あとアニメ版で嬉しいのは、いじられキャラの春原(すのはら)の扱い。
原作だと これでもかと弄られてて、見てて本気で可哀想になってくることが時々あったんだけど、アニメ版はあまり酷く弄ることがない。

今回のシナリオも原作だと試合中ずっと良いとこ無しみたいな扱いだったのに、アニメの試合では一度だけ魅せてくれるシーンがあった。
それがまたカッコよくてw

何だか嬉しくなっちゃって、そのシーンだけ何度か繰り返し見てた。

ちなみに登場人物、智代の中の人はARIA第4話のアトラの中の人と同じ(桑島さん)。
藤林杏の中の人は、ARIA第4話には出てないけどアリス・キャロルの中の人と同じ。声優って凄いね。

ま、それは良いとして、次回もどうなることやら。
楽しみです。
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-02-04 - 01:18:56
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

地獄少女 次回予告集



先週やっと地獄少女・第一期のDVDを全部揃えることができたんで、またまた次回予告集動画を作ってニコニコにうpしてみた。
さっそく一人、15個もコメントしてくれてて、まぁ動画へのコメントというよりアニメへのコメントではあるけど、でも嬉しい限り^^

今回初めて、ニコスクリプトを使って2(半角)や2(全角)って入力すると二籠の次回予告集動画へジャンプする機能も付けてみたんだけど、これってジャンプするために入力した文字もコメントとして残ってしまうみたいだね。
フィルタや置換の機能説明読んでても、コメント自体を無かったことにはできないっぽい。

他はどうなんだろう?といろいろ見回ってみたけど、他の動画も同様。
ジャンプ用のコメントが目障りにならないよう頑張ってる動画で、キーワードを「見たい」に設定するとかキーワードを入力すると「見てきます!」って文字に置換した上でジャンプするのがやっとって感じ。

[これ][これ]
ところで1つめの7位、Puffy愛のしるし、良くできてますね。思わず「見たい」って入力して見に行ってしまったw

てなわけで、今はスクリプトの動作確認のために入力したコメントは管理者モードで手動で非表示にして対応。
(だからコメント数のカウンタ値と実際に表示されるコメントの数が違う)

動画に対するコメントとは異質の文言が残ってるのは見てる人にとっても目障りだと思うんで、いまニコニコ運営に、今ある機能で実現可能か問い合わせ中/できないなら機能を追加して欲しい旨、要望中です。

****
最近、動画へのリンクをサムネイルじゃなくて文字リンクに戻してる。

ホントは画像付きのサムネイル表示でリンクしたいんだけどねぇ、、、
でもサムネイルにすると画像とかコメントとか、このブログのページ読み込み時にニコニコへのアクセスも発生しちゃうんだよね。

このブログは自分がよく使うサイトをブックマークしてたり自分に必要な情報をメモしてたりで、会社からブックマーク探したり過去ログ検索したりもしょっちゅう。

でも今は客先常駐で仕事してるから、動画自体を見てなくてもニコニコへアクセスが行ってるなんてログが残るとマズいかなー、なんて思ってやめてるのです。
普通に考えるとサムネイル表示用のURLはチェック対象から外してくれてるとは思うんだけど、念のため。

でもまぁ自分でうpした動画くらいはね、ってことで、今回はサムネイル^^;

****
■ばるろぐ - ニコ動メンテ中ー&動画アップロードしてみた
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-01-26 - 13:31:26
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / / /

明日は明日の朋ちゃんねる

■ニコニコ動画(RC2) - 明日は明日の朋ちゃんねる 2004/07/12 ゲスト:渡辺明乃 前半
■ニコニコ動画(RC2) - 明日は明日の朋ちゃんねる 2004/07/12 ゲスト:渡辺明乃 後半

アニメ見始めてから声優もよくチェックするようになったんだけど、さっき、ちとニコニコで声優の渡辺明乃さんを検索してて見つけた動画。

彼女は自分が見てる作品で言うと、杓眼のシャナのティアマトーやARIAのアル、あと地獄少女にもゲストで出てたみたい。
それぞれの作品を見てたときも数回検索してはいたんだけど、今回はARIA繋がりで検索。

今見てるアニメではやっぱりクラナドが一番なんだけど、1月から始まった作品の中では特にARIAが好きでして。
先週の第2話とか、録画したのを土曜に見てからもう7回ぐらい見直してるw
後半に凄く綺麗なシーンがあってですね。良いです。

ARIA、自分が見るのは今回が初めてなんだけど、これで3期目らしい。
これを見ようと思ったのは、番宣で見たアリス・キャロル(薄緑色の髪の毛の子)がみなみけの千秋に似てて軽く目を引いたって理由だけで(w)、最初は全く期待してなかったのが、自分的には大当たり。

というか、どこかで見たことのあるキャラがいるなと思ったら、以前ARIAの第一期ED動画をブックマークしてたw

■ばるろぐ - アニメ系動画いろいろ

あの時は この小さな物体(アリア社長,猫)が主人公の作品かとおもってたんだけど、全然違ってましたなw

それはまぁいいとしてw
この番組の金田朋子さんとやら、希に見る凄いテンションですなwww

もう寝ないといけないのに、口をポカーンと開けたまま暫く見入ってしまった。
見てるこっちまで考える余裕がなくなるほど、ゲストの5倍は喋りまくってるwww

動画に付いてるタグの「34歳児」、ワロタwww

不思議なテンションで意味不明なことを喋りまくってるだけなんだけど、それでもこれだけ連続して喋れるって凄いというか、話し下手の自分としては尊敬さえしてしまうw

てか、途中で食べてるお菓子の数々、めっちゃ美味そう (@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

****
■Wikipedia - 金田朋子

「スケッチブック ~full color's~」のミケさんだったんだねぇw
確かにあの声、分かるw

■Wikipedia - 渡辺明乃

****
■Wikipedia - ARIA
■Wikipedia - アクア (ARIA)
■Wikipedia - ARIAの登場人物

■ニコニコ動画(RC2) - 画質テスト ARIA OP
■ニコニコ動画(RC2) - ARIA The ORIGINATION ED 「金の波 千の波」

OP, EDとも音楽が良いヨイ。
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-01-21 - 02:19:04
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / / / /

地獄少女、第3期が確定

■GIGAZINE - 地獄少女、第3期を放送することが確定
■地獄通信
■地獄通信 - 最新情報

今年も無事、新しい年を迎えられました。
遅くなりましたが、皆様おめでとうございます。

また長い前置きから。
というか、殆ど前置きで終わりますw

この冬休みは「リトルバスターズ!」三昧でしたよw
家族・絆をテーマにした超名作「クラナド」を作ったKeyが、去年2007年に発売したテキストアドベンチャーゲーム。

恋愛要素も含まれてるから恋愛シミュレーションと勘違いする人も多いみたいだけど(自分もそう思ってクラナドとかずっと食わず嫌いで避けてた)、全く違う、根本に「絆」というテーマが流れる、とても良質の物語。

昨日、というか今朝やっとオールクリア。
めちゃめちゃ良かった。というよりくっちゃくちゃ良かった。 ← リトバス小ネタ

最初は「この喋り方、勘弁してよー」って苦笑いだったキャラも、各エンディング後には愛着たっぷりw

これは謎と関係ないから薄い色で書いちゃうけど、小毬(こまり)の「前向きマジック」の言葉、「ようしっ」とか好き。
凹んだときにそれを口に出して、最後に「ようしっ」と加えるだけで、あら不思議。前向きに。

(↑読みたければマウスドラッグするか Ctrl+Aを押してください)

映画やゲームでいつも重視するBGMも、プレイする前にニコニコのプレイ動画で聴いたときは数曲を除いて「むー、ピンと来ないなぁ」だったんだけど、いざプレイしてみると各シーンにハマるハマる。
実はその気に入った数曲を気に入り過ぎて「耳コピーしてぇ」なんて衝動買いしたのが正直なところなんだけど、これは嬉しい誤算。

良すぎ。たまらんです。
ちなみに今もMUSICモードでBGM聴きながら書いてます。

そんな感じで昨日も徹夜でリトバスをプレイ、最終エンディングの余韻に浸りつつ朝寝床につき、15時頃に起きて取り敢えずPCの電源を入れ、起動中に温めた作り置きの豚角煮を食べながらブラウザを開いてサイトチェックを始めたわけです。

少々話変わりまして。
自分はテレビ番組をPCで録画してるんだけど、主なものは深夜アニメ。
録画じゃなければ情報番組やドキュメンタリーも結構見てるけど、録画は殆どアニメかな。

アニメは高校卒業以来、ニコニコ動画の影響で去年からまた見始めるようになるまで殆ど見てなかったから、間のことは分からないけど、大人が見て楽しめるアニメが随分増えてる気がする。

ドラマはもうかなり昔からシナリオのつまらなさと演技の下手さに愛想を尽かしてるから、いまは良いドラマもあるのかも知れないけど、そもそも番組チェックの対象外。というか番宣で恒例のギャラぼったくり大根役者の顔を見るだけで拒否反応w

バラエティも他人を馬鹿にして笑いを取る下品な芸人ばかりになってきたし、仕事してて趣味もあって、その少ない残り時間で教養番組以外のエンターテイメントとして見る番組としては、今ならアニメを選ぶ。

2007年度・下期に見てるアニメのうち、「ダ・カーポ2」「スケッチブック」「もやしもん」「地獄少女セレクション」は1クール(約3ヶ月・13週間)で終わってしまって寂しい限り。

ちょっと話が逸れるけど、というか始めから逸れてるけどw、正月帰省中は それら下品な芸人が出演するつまらん番組ばかりだったなか、NHKで見た深夜番組「ケータイ大喜利」は面白かった。視聴者参加型の大喜利番組だから外れもあるだろうけど、進行の上手さもあって楽しめる。NHK見られる人は一度ご覧あれ^^

で。
さっき起きてPCつけて、「録画予約してないなー」って思ったわけです。

年始にたまたま録画アプリの番組表を見てて「お、TOKYO MXで1月から『バッカーノ』が始まるじゃん!」とか思って予約入れたぐらい(再放送らしい。本編は見てないけど、ニコニコでOPとかMAD作品見て音楽や作画も良くて、監督は地獄少女と同じ大森貴弘氏、少しネットで調べてみても見応えありそうだったから覚えてた)、リトバスにハマってたのとテレビ番組も年末年始でアニメが休みだったこともあって、他はまだ予約してなかったのが、さすがにもう仕事始めの頃だから録画予約を気にしとかないと、と。

てなわけで、自分が見てなかったアニメの中にも1クールで終わったものがあるだろうし、空いた下期2クール目から新しく始まるアニメの一覧とか特集とかないかなー、と思ってまず思いついたのが、GIGAZINE。

他にもっとアニメ専門のサイトや情報ブログがあるだろうに、でもにわかアニメファンの自分には行きつけのサイトもなくですね、ふと、時々GIGAZINEがアニメの話題を纏めて記事にしてたなー、なんて思ったわけです。

で、「最近エルエルとかGIGAZINEとか読んでないなぁ~」とか思いつつも、早速チェック。

ザッと簡単に探して見た限りでは、求めてる情報(下期2クール目に特化した情報)は見つからなかったんだけど、ついでに眺めてたヘッドライン一覧に、自分にとってのビッグニュースが1つ。それが、冒頭リンクの「地獄少女、第3期を放送することが確定」っての。

を?

をををを!!!!

これは初耳ですよ。

前々から期待はしてたのです。
地獄少女の一期~二期、4クール全52話から選りすぐりのシナリオを集めてTOKYO MXで再放送されてた「地獄少女セレクション」、その最終回(12/29)が終わったあと、最後の最後で「第3期・決定!」とか演出されたら嬉しいなぁ、なんてw

でも年末はリトバスにハマり切ってたのと、二籠はDVD全部買っちゃってるから、二籠セレクションは録画はしてたけど最後の方はどの回が放送されるかまで予想できてたから見てなかったのです。

それでいま慌てて録画を確認してみても、録画の中にはそういう演出は確認できず、ちと残念。

てことは、12月28日の公式サイトでの発表がポツリとあっただけなんですかね。
まぁCM枠使うと新作発表にも金が掛かるから、そんなもんかなw

ちと寂しい発表だけど、作ってる側も二籠の制作費回収に頑張ってたみたいだし、そういった努力の賜物ということで、有り難く受け取っておこうっと。

わくわく。
どきどき。

てか、2クールもののアニメで第三期まで続く人気って、もしかして凄いことじゃない?

****
■Key Official HomePage

■GIGAZINE - 2008年冬期(新春)開始のアニメ・特撮番組一覧
あったw
GIGAZINEさっすがー、なん感謝しつつ、お礼にGoogleアフィリエイトリンクで面白そうなのを1つ探してポチッとなw

■GIGAZINE - 2007年10月から放送開始のアニメ番組一覧

■NHK - 着信御礼!ケータイ大喜利
投稿者:barukichi - 投稿日時:2008-01-04 - 17:35:27
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

スケッチブック 第11話

今週のスケッチブック full color's、第11回「風邪の日と、ねこねこpart3」、めちゃめちゃ面白かった。
猫回は気合いが入ってますな。

てか、ポン・チョイミンてwwwwww

****
■ばるろぐ - スケッチブック ~full color's~
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-12-11 - 22:51:59
カテゴリー:つぶやき - トラックバック(No Trackbacks)
/

埼玉県鷲宮町の「らき☆すた」イベントで鷲宮神社にオタクが集結

■痛いニュース(ノ∀`) - 「らき☆すた」イベントで鷲宮神社にオタクが集結…地元民は冷たい目線?

埼玉県鷲宮町の商工会が企画・主催したらき☆すたイベント、どれだけ集まるものかと思っていたら、1500人も集まったみたいですなw

賛否両論あるようだけど、自分は賛成、というか応援派かな。

地方の商店街はいろいろ問題を抱えてるから、これで少しでも名が知れてお金が落ちてくれればね。
商品単価的にも良心的な値段でのお出迎えだったようだし^^

てかw

498 名前:名無しさん@涙目です。(神奈川県) 2007/12/02(日) 13:37:00.69 ID:ZxsU8RE40
コミケ出展企業は見習うべき

741 :名無しさん@八周年:2007/12/02(日) 12:24:11 ID:BflvFdcE0
 各賞     内容    含有率
 A賞   1000円   1%
 B賞    500円   1%
 C賞    100円  15%
 はずれ   ハズレ   65%
 はずれ   かがみ    1%
 はずれ   つかさ    2%
 はずれ   こなた    5%
 はずれ   みゆき   10%


なにこのオタク心理を知りぬいた含有率。
どうやら鷲宮商店街には筋金入りのオタがいるようだな。


この含有率は、確かに知り抜いてますなwww
あと、みさおも含めて含有率1%にしておけばよかったのにw

****
■ITmedia News - 「らき☆すた」で町おこし 鷲宮神社で公式参拝イベント
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-12-02 - 21:33:54
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

スケッチブック ~full color's~

■スケッチブック ~full color's~

この秋から見てるアニメの一つ。

先日のブログにも書いた通り、毎週待ち遠しいってほどでも無いんだけど、なんか好きなのです。
止められないのですw

最近は、主人公の梶原 空(かじわら そら)の「うん、うん♪」ってのが良いのです。

まぁそれだけだったら わざわざブログに書くほどでもないんだけど、少しばかり音楽で驚いたので。

たしか第2回の録画を見てたとき。
本編のBGMに耳を傾けていて、ふと、「なんだ、この村松健(むらまつ けん)のパクり、というかそのまんまな音楽は」と思ったわけです。

村松健さんは自分の好きなピアニストで、昔は結構テレビ番組のBGMにも使われてたから聴くと分かる人も多い筈、な人。
自分の場合は子供の頃に故郷のテレビ局の天気予報だったか何だったか、BGMに使われてた記憶が。
かなり記憶が曖昧で、アルバムの発売日を考えると大学生の頃住んでた所でよく聴いてたのかも?w

で、その奏法に明らかな特徴があって、別にピアノに詳しくなくてもすぐにその特徴に気づけるような奏法なのですよ。
↓に自分のお気に入りの曲を幾つか。記憶の曖昧さもあって少し調べてみたんだけど、CD発売日は再販時のものっぽい。

■Sony Music Online Japan - 村松 健 - フィールド・ソング 
→ 「フィールドソング」

■Sony Music Online Japan - 村松 健 - 夏のぽけっとに
→ 「レインフォーレスト ―ひぐらしの森で―」

■Sony Music Online Japan - 村松 健 - おいしいお茶の入れ方
→ 「スピード -自転車旅行-」

■Sony Music Online Japan - 村松 健 - 緑の想い
→ 「緑のささやく島」「出逢いと別れ」「グリーン・シャワー」「水平線の見える部屋」

で、その奏法の名前とか知らなくて、自分の中では「村松さんが多用する奏法」って勝手に呼んでたりする訳だけど(もちろん普通に弾いてる曲もある)、文字で説明するとすればどう書けばよいものか・・・

「フィールドソング」の試聴0:04、「レインフォーレスト」の試聴0:06~0:07のような、「タララン♪」の「ララ」の部分が微妙に折り重なっていて「タラララン♪」ってなるような弾き方。
しかもピアノで良くある短前打音(というのかな?いまWikipediaで調べた)、フィールドソングの試聴0:03や0:06みたいなのとは違って、なんか一瞬 大粒の小雨?が降ってきたような、真上から被せるような弾き方。

こんな説明じゃ分からんかw
でも試聴ですぐに分かって貰えるかと。

そんなピアニストに詳しい方じゃないけど、この弾き方、というかここまで多用するのは彼以外で耳にしたことがない。

ここでやっと話を元に戻すのですがw
スケッチブックのBGMを聴いてて そのまんまな奏法が耳に入ってきて、およよな訳ですよ。

「まさか村松さんが深夜アニメのBGM手がける訳ないし、でもパクったにしては良くできてるし、よっぽどのファンか?」とか思いながらOPでスタッフを確認してみると。。。

なんと「音楽 村松 健」って書いてあるw
ちょと驚いてしまい、しばらく感慨にふけり、他のBGMも聴いてまわり、そして納得。
うん、うん♪

このアニメ自体、主人公がかなり無口ゆえに全体的にセリフが少なめ。
風景だったり近所の猫だったりといった自然界の描写が多く取り入れられてるし、主人公のおっとりしたキャラ(と喋り)もあって、彼のピアノがとても良く合う。

いやぁ驚きましたよ。
そして、改めて、いいですねぇ。

スケッチブック ~full color's~。
BGMを抜きにしても、気合いを入れずにポケ~っと見て気分の良い、ほのぼのアニメです。

****
もう一つネタ思い出した。
第3話のAパート(前半)、CM直前、涼風コンビの神社での漫才(?)シーン。

日本三大有名祭りぃ~
そのいち~、ちーまーつーりー
そのにぃ~、あとの祭りー
そのさん、ねぷた祭りー

これにちょっとウケて、というか吹いて、その1とその2をキーワードに検索してみたところ、一つだけヒット。

■日本の三大祭り

夜中に一人で大笑いwwww

****
■Wikipedia - 村松健
■Wikipedia - スケッチブック (漫画)

放送局
関東広域圏テレビ東京2007年10月1日~月曜日 26時00分 - 26時30分
愛知県テレビ愛知2007年10月1日~月曜日 26時35分 - 27時05分
大阪府テレビ大阪2007年10月3日~水曜日 26時25分 - 26時55分
CS放送AT-X2007年10月4日~木曜日 10時30分 - 11時00分(リピートあり)


****
■Wikipedia - 演奏記号
■Wikipedia - 装飾音

[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-11-25 - 01:34:38
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

みなみけ



いやー、何度か書いたことだけど、去年まであまりアニメとか見てなかったのに、ニコニコで地獄少女にハマって以来、結構アニメ三昧ですよw

最近は灼眼のシャナづくしでした。
先週の日曜まで2週間かけて原作15巻全部読み切って、読み足りなくて外伝の0巻とS巻も注文、この2冊は一旦おいといて昨日10日発売の16巻も夕方買ってその日のうちに読み切り。

いやー16巻、事態がえらいことになってますな。
アニメの「灼眼のシャナⅡ」は今8巻あたりだから、そのギャップがきついw

アニメ版、金曜の深夜に録画したのを土曜の朝見た後でニコニコでコメントと一緒に見てると、「バトルまだー?」みたいなのが多いけど、バトルは原作の方が圧倒的に迫力があるからそっち読んだ方がいいのに、なんてw
というかアニメ版のバトルシーンは端折りすぎてて凄み・深みがない(制作側の事情は分かるし原作で楽しんでるから気にはしてない)。

それより自分は前回(第5回)や今回(第6回)みたいなストーリーが好きかな。
原作には無かった、シャナに元気出してもらうためにヴィルヘルミナが料理するシーンとか驚いたし、そういうのが楽しみだったり。

そんなわけで、10月からのアニメについてもいろいろ書こう書こうとは思ってたんだけど、シャナ三昧でブログ放ったらかし&1ヶ月過ぎて今さら感みたいなのもあったわけです。

でも10月からのアニメは事前にチェックして見始めた訳だけど、なかなか良いアニメが多いのですよw

自分が最初TV録画対象にしてたのは、「ダ・カーポⅡ」「スケッチブック」「逆境無頼 カイジ」「CLANNAD(クラナド)」「灼眼のシャナⅡ」「地獄少女セレクション」「もっけ」の7つ。
で、後からニコニコで見て面白いって思って追加したのが「もやしもん」「みなみけ」。

今現在の各作品の期待度や感想を簡単に書いてみると、こんな感じ。

「灼眼のシャナⅡ」 … 毎週楽しみ!
「みなみけ」 … 毎週楽しみ!なんか元気が出る
「もやしもん」 … 毎週楽しみ!おもしろい
「CLANNAD」 … 毎週楽しみ!
「ダ・カーポⅡ」 … まぁ今のところ普通
「逆境無頼 カイジ」 … ヤンマガで読んでたからそれほど待ち遠しいわけでもないけど、好きなので
「地獄少女セレクション」 … DVD揃えて何回も見たけど、好きだから作業しながら流し見てる
「スケッチブック」 … 待ち遠しい!ってワクワク感は無いんだけど、なんかホノボノした雰囲気が好き
「もっけ」 … これもワクワク感は無いんだけど、こういうストーリーは好き。

で、後から追加した2つが想像以上に良くて。
特に「みなみけ」は上にも書いたけど、見てて元気が出てくる感じ。

主人公は南家の3姉妹。
上から順に、高校生の長女・春香(はるか)、中学生の次女・夏奈(かな)、小学生の三女・千秋(ちあき)。

ストーリーは何というか、ヤンマガは数年前に読むのやめたから原作は知らないんだけど、次女が何かやらかして、三女が毒舌で一刀両断、長女が「まぁまぁ」みたいな感じ?自分がここに適当なこと書くより各自で見てくださいってことで(単に書くのが面倒なだけw)。

作画では特に目がお気に入り。
三女・千秋が毒舌を放ってる時の鋭い目、悪ガキの次女・夏奈が悪だくみ(というか天然?w)するときの悪戯っぽい輝いた目、しっかり者の長女・春香のキレかけてる時の目。

三者三様、良いですねぇー、表情が生き生きしてるし、その変化が好き。
口の変化もとても面白い。

あと自分は音楽も重視するんだけど(音楽が好みじゃないと見ない)、OPテーマも明るくて元気が出る感じで、三姉妹のイメージを良く表してる感じでとても好み。

それでさっきにニコニコで ふと「みなみけ」を検索してみたら、いいMAD見つけましたよ。

■ニコニコ動画(RC2) - みなみけ 経験値上昇中☆フルバージョン(OP 1~3話編集ver)

歌の一番はOPのままで、2番以降が各話シーンの寄せ集め。
幾つかバリエーションがあるんだけど、1~3話Verがイイ!

うまく作品のイメージ捉えててめっちゃ好き^^
見入る。このログの文章直しながら、もう10回以上繰り返し見てる。

ほか幾つか。
■ニコニコ動画(RC2) - みなみけの次女でロイツマ
■ニコニコ動画(RC2) - マイリスト - [MAD]みなみけ 小ネタ集
■ニコニコ動画(RC2) - みなみけ第01話より、夏奈のキス魔 たしかこの動画見て「みなみけ」見始めた

****
あともう一つ、これは音楽が みなみけなだけで絵はらき☆すたなんだけど、らき☆すたのイメージを絶妙に捉えた編集で好きだから、これも一緒にリンク。

■ニコニコ動画(RC2) - らき☆すた値上昇中☆みなみけ 2

****
■Wikipedia - みなみけ

放送局
関東広域圏テレビ東京2007年10月7日~日曜 25時30分~26時00分
愛知県テレビ愛知2007年10月8日~月曜 25時35分~26時05分
福岡県TVQ九州放送2007年10月8日~月曜 26時53分~27時23分
大阪府テレビ大阪2007年10月9日~火曜 27時10分~27時40分
岡山県・香川県テレビせとうち2007年10月11日~木曜 25時58分~26時28分
北海道テレビ北海道2007年10月12日~金曜 26時00分~26時30分
全国放送AT-X2007年10月25日~木曜 11時30分~12時00分(リピートあり)


[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-11-11 - 20:56:53
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/ / / /

灼眼のシャナ

■「灼眼のシャナ」公式サイト
■「灼眼のシャナ」公式サイト - 世界観 - 共通用語解説
■「灼眼のシャナ」公式サイト - 世界観 - 第1期用語解説
■「灼眼のシャナ」公式サイト - 世界観 - 第2期用語解説

■Wikipedia - 灼眼のシャナ
■Wikipedia - 灼眼のシャナの登場人物
■Wikipedia - フレイムヘイズ
■Wikipedia - 紅世の徒(ぐぜのともがら)

ニコニコ動画で地獄少女、らき☆すた、さよなら絶望先生など面白いアニメに次々とハマってしまった自分。
てことで、10月からのアニメ新番組はしっかりチェックして数番組録画し続けてたんだけど(その話はまた別の機会に)、その中で「灼眼(しゃくがん)のシャナ」にめちゃくちゃハマってしまって。。。w

最初、この10月から始まった灼眼のシャナⅡ(第二期)を見てて、でも難しい用語ばかりでチンプンカンプン。
で、Wikipediaで勉強しながら見ようとしたんだけど、小難しい言い回しや固有名詞が全然頭に入ってこなくて、「やっぱ文章より一期を映像で見た方が早そう」ってことで、笑顔あふれる動画サイトで一期の全話を半日で観きった。

結果。
最初は「OP/EDの音楽がとても良い」って印象しかなくて、正直期待せずに観始めたんだけど、良い。これは良い!
ストーリーのスピード感が凄く良くて、内容も良くて、夕方から深夜にかけて一気に観たのに全然疲れてないという。

ってな訳で「シャナもDVD揃えるかな~」モードなんだけど(財布が苦笑い)、やっぱり一期も見始めてしばらくは聞き慣れない言葉のオンパレードでWikipediaで用語ひきまくりw
というか最後まで関連用語・人物調べまくりだし、Wikipediaには原作情報も豊富に掲載されてるから、それで色んな背景を知りつつアニメ版を観ると更に楽しめるというのもあって。

そんな感じで冒頭のリンク幾つかブックマーク。まだまだ読んでない文章が山ほど。
回数的には全話を2回見終わるくらい観て、今は結構普通にシャナ用語(アニメ版のみ)が通じる状態だったりしてw

自分でも感心するというか呆れるというか、土曜の朝から撮り溜めてた今期アニメ&観てなかった前期分録画アニメを30本近く観て、夕方からシャナの一期を深夜まで観て、寝て起きた日曜もWikipedia読みながら「なるほど そーいうことか」なんて何度も繰り返し見直して、その夕方にはDVDの購入を考え始め、深夜には原作のライトノベルを取り敢えず4巻までAmazon注文するに至り、火曜(昨日)それが届くやいなや数時間でまず1巻読み終える、という展開の速さもシャナのストーリー並みw

で、一期を知った後で撮り溜めてた二期(1~2話)を観てみると、をを!すんなりと入ってくるw
1話のあの部分の違和感も凄くよく分かる!

なんてねw
やっぱ途中から観ちゃイカンですなw

まぁ「イカン」は言い過ぎだけど、でも知ってると断然楽しめる。

アニメ版はシャナがかなりの典型的ツンデレ状態だし、一期も用語とか調べずに観てると7~8話ぐらいまでは訳が分からないだろうし、そういう意味でパッと見でのめり込めない人もいると思うけど、自分は結構良くできてると思ってます^^
音楽も凄く良いし。

オススメです。

****
■ばるろぐ - KOTOKO - being

[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-10-17 - 02:21:29
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/

KOTOKO - being


■YouTube - KOTOKO - being (PV)

ネットラジオ聴いてて良い感じだったのでメモー
サビの声がよいよいw

KOTOKO、いい曲結構ある。

(追記)
この曲だけ何十回もリピートして聴いてんだけど、凄く良い。
こりゃまた買っちゃうなw

ニコニコ、音質良すぎだよ。。。

MP3 @ 44HKz - 320KbPS。。。
こんな良いのアップしちゃだめだよ。。。w

****
■ばるろぐ - 灼眼のシャナ
[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-09-13 - 13:39:06
カテゴリー:メモ - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

ニコ動メンテ中ー&動画アップロードしてみた



最近、自宅で動画エンコードに凝っちゃっててw
作業の合間を見ては、動画エンコードテストを繰り返してる。
ちなみにTMPGEnc 4.0 XPress + FLV/VP6プラグイン使用。

「らき☆すた」と「地獄少女 二籠(ふたこもり)」は、かなりのレベルでファイルサイズ低減と高画質化のバランスが取れるような設定(フィルタやエンコードパラメータ)のアタリを付けられた。

「らき☆すたは明度と彩度を上げると見やすい」「地獄少女は彩度は上げるが程々にしておかないと夕焼けのシーンなどで潰れる。あと暗いシーンが多いので明暗のバランスを損なわないように」とか、まだまだ素人ながら、タイトルによって自分なりの設定ポイントが発見できて、奥が深そう&ポイント探しが楽しそう^^

てことで、昨日寝る前にエンコード仕込んでおいて(10数分の動画をAthlon 64 X2 4400+で2passエンコードするのに1時間程度掛かる)、今朝出社前に初めてニコニコ動画にアップロードしてみた。

タイトルは「地獄少女 二籠 次回予告集」だったかな。
もともと自分用に作ってみた動画を、一応地獄少女の宣伝のつもりで、字幕を動画の外じゃなくて内側に埋めて画としての価値を下げたりと気も遣いつつ編集してうpしてみたんだけど、でも怖いから捨てアカウント経由w

40MB&600KbPSの制限クリアしてるはずなのに何故か画質・音質ともに落ちてるとか、コメントを最低1つ入れておかないと動画一覧に出てこないとか(試しに「この話好き」とかコメント付けてみたんだけど、すぐには一覧に反映されないっぽい)、いくつか気になることがあったんだけど、遅刻ギリギリだったから昼休みに確認しようかと思ってたら、いいタイミングでメンテ中w

むーw

このあと20時まで会議室に2人で籠もって(二籠w)打ち合わせ。
楽しみは後に取っておこう。

(追記)
さっき会社でこっそり確認したら24回も見て貰えてて、コメントも3つに増えてた。
わーいw

でもアップロード時再エンコでの音質の劣化が激しくて凹んだ。。。
もしかしてサイズ制限40MB(=40,960KB)じゃなくて40,000KBなのかなぁ。

(追記)
帰宅して動画確認して凹んだ。ニコニコ動画にアップロードして音質劣化したんじゃなくて、元の音質が悪かった。。。

じつは自分用に作った動画は音声をMP3の128KbPSにしてたんだけど、それだと動画全体のサイズが49MBになっちゃったから、寝る前に仕込んだエンコードは112KbPSに下げて、あと予告編の合間の黒い部分を少しずつ減らしたり画像の品質を若干下げたりしてギリギリ40MB弱にしたんだよね。

MP3、エンコーダの性能の差だと思うんだけど、128→112でこんなに音質が下がるとは思ってなかったから、ニコ動を疑ってしまった^^;

画質の方は一部少しだけ、でも確実に劣化してるんだけど、プレイヤー(VP6デコーダ)の差なのかも。

****
■ばるろぐ - サンキュー!!
■ばるろぐ - TOKYO MX - 地獄少女セレクション
■ばるろぐ - SNoW, 地獄少女OP関連動画幾つか
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-08-22 - 13:09:46
カテゴリー:できごと - トラックバック(No Trackbacks)
/ / / /

TOKYO MX - 地獄少女セレクション

■TOKYO MX - 地獄少女セレクション

TOKYO MXで、毎週土曜日17:00~17:30に放送されてるみたい。

最近、集中して作業してるときはSNoWの「初雪」を聴いてることが殆ど。
自分の能力不足で仕事で徹夜することも(そして現実逃避で夜更かししてしまうことも)多いから、今週だけでも数十回リピート再生してると思う。

雑音をシャットアウトしつつ集中したいときは、聞き慣れた曲をリピートで聴き続けるのがいいね。
適度に環境化してくれて、仕事が進む。

さっき小さな仕事を一つ片付けて、というか朝までに提出するつもりだったのが途中で寝てしまって気付いたら朝9時だったんだけど、そのあとSNoWの歌詞とか関連ブログとか息抜きがてら検索しながら、過去エントリーへの追記とかしてた。

■ばるろぐ - SNoW良すぎ

で、「逆さまの蝶」や「NightmaRe」はアニメ「地獄少女」のオープニングテーマソングに採用されてたから(というか地獄少女でSNoWを知った)、当然SNoWについて検索してると地獄少女ネタも色々出てきて、一緒に読んでた。

地獄少女は深夜枠のアニメとしては異例のヒットだったらしく、第二期のレギュラー放送が終わった後も動きがあるようで、さっき公式サイトを覗いてみたら、なんとTOKYO MXで地獄少女第1シリーズのセレクション放送が始まってるみたい。

7月21日(土)から毎週土曜17:00~17:30。

をを、今日2回目じゃん!
第一期のDVDは持ってないから、これは観ないと!

てか公式サイトには7/19とか7/26って書いてるけど、これは2008年のカレンダーか何かと間違えてるんでしょうな^^

■地獄少女公式サイト - 地獄通信 - 最新情報

地獄少女のDVDボックスも第二期(二籠; ふたこもり)のボックスセットを全部揃えたところ(7/25に最後のBOXが発売された)なんだけど、第一期はまだ買ってない。
1シーズン分セットで揃えるのに数万かかるし、どうせなら一気に買って一気に観たいし、しばらく財布を温めておかないとw

てことで、第一期・全26話の中から「プロデューサーが独断と偏見で選んだ」という13話が楽しめる「地獄少女セレクション」、1回目は見逃してしまったけど、毎週チェックしようっと^^

****
地獄少女で今一番気になるのは、第三期があるのかどうか。

限定版DVDボックスセットには、プロデューサーと監督による各話解説や、1話だけセレクトしてのシナリオ、4コマ漫画なんかが掲載されてる「特製ブックレット」が同梱されてるんだけど、そこでも第三期を思わせる微妙な記述が幾つかあって、でも全部ハッキリしない書き方だった。

で、地獄少女・二籠の最後のDVDボックスに付いてた映像特典「撮り下ろしスタッフトーク」の中でも「まぁまずはね、この二籠で(制作費を)回収しないと次がない」なんて未確定を貫いてたんだけど、最後の最後に気になる発言が。

「それでは皆さんご機嫌よう、次の地獄少女、新シリーズで」

ん???w
これはポロっと漏らしてしまったのか、期待感を込めた発言なのか?w

ボックスセットを買ったのも良い画質で繰り返し観たかったのが一番の理由だけど、第三期が観たいからちゃんとお金を払うって意味も込めてたし、続いてくれるといいなぁ。

****
ところでTOKYO MXのマスコットキャラクターらしきライオンがカワイイw
ライオンなのに、一回りしたあと「にゃぁ」と鳴くwww

■TOKYO MX

調べてみると、「ゆめらいおん」って名前らしい。

■カイカイキキ - 活動レポート - 村上隆の新キャラクターがテレビ局に登場!
■YouTube - TOKYO MX ゆめらいおん

にゃぁw

****
■ばるろぐ - アニメ系動画いろいろ
■ばるろぐ - SNoW, 地獄少女OP関連動画幾つか
■ばるろぐ - 動画いろいろ

****
シリーズ構成の金巻兼一氏のホームページ見ると、二籠は深夜枠で最高視聴率5%超えらしいね。
すげw

■おふぃす:ぎんがみ
■金巻兼一の全仕事
■金巻兼一の全仕事 - 脚本 - テレビ

****
株式会社スタジオディーン - 地獄少女 - 設定資料集
[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-07-28 - 14:47:09
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/

SNoW良すぎ

夜通し作業しながらずーっとSNoWの「初雪」を聴き続けてる。
特にお気に入りの1,2,3,4,5,10曲目をプレイリストに組み込んで、あと数曲加えてずっとループさせてるんだけど、とにかく良い。
アルバムとしての組み立ても良くて、曲の繋がりが非常に良い。

自分はあまり曲の歌詞を聞き込まないんだけど、SNoWの曲は歌詞が自然に入ってくる。良い。
■365の昼と夜 - 2007/2/25 (日)
■空中金魚 - ブチ壊シテ見セテ

■歌ネット - 歌詞検索 - SNoW

作業に集中できてない間は、地獄少女オープニングテーマの「NightmaRe」や「逆さまの蝶」とか、思い入れもあって曲を聞き込んでしまって進まないから別なの(ニコニコ動画で「作業用BGM」検索して適当に)聴いてたけど、作業がノってきてからはずーーーっとループ。加速しますw

ええですわ。
買って良かった^^

「NightmaRe」「I'm No」とかDPで聴きながら踊れたら最高なのになー。

■Sony Music Online Japan : SNoW : 音楽ダウンロード  (試聴可)

あんま関係ないけど、10曲目の「Yes」、なんか聴いてて永井真理子を思い出す^^
イントロ~Aメロの部分とか特に。

****
■ばるろぐ - SNoW, 地獄少女OP関連動画幾つか

****
限定版(右側)のカスタマーレビューでも高評価。
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-07-17 - 05:47:54
カテゴリー:Comment - トラックバック(No Trackbacks)
/ / /

アニメ系動画いろいろ

またまたタブブラウザにWebサイトが150サイトほど溜まりすぎてて、ブラウザ開いてるだけでCPU使用率50%、メモリ使用量1.3GBというw
CPUの省電力モードも解除されるし、ぜんぜんエコじゃないですな。。。

というわけで、取り敢えず動画サイトから順次掃き出し。

■ニコニコ動画(RC) - こなたのこまんど☆てすと
■ニコニコ動画(RC) - かがみのこまんど☆てすと

2chにも書き込みテスト用のスレッドがあったけど、ニコニコにもあるのかw
ニコニコの方はテストにもバリエーションが持たせられて飽きなくていいね、動画と音楽でノリノリで確認できる^^

タグは「コマンドテスト」みたい。
てか、Alt+10(テンキー)って何だ?これと丸文字が分からなかったw

■ニコニコ動画(RC) - 地獄少女 そして らき☆すた 上卷 1

「地獄少女」+「らき☆すた」という、自分にビッタリはまる動画w
あんま関係ないってかまだ全部見てないからこれくらいしか書けないんだけど、2:42、つかさの「残念…」の中国語字幕が「真遺憾」なのにへぇーってなった。

■ニコニコ動画(RC) - びんちょうタン OP アニメ

懐かしいw
これCD買ったけど、フルバージョンの最後の方は盛り上がりがいいんだよねー^^

■ニコニコ動画(RC) - 美鳥の日々 OP

びんちょうタンOPを歌ってる「CooRie」のタグから辿ったOP。
あんまピンときてないけど、コメントに名作みたいなこと書かれてるから、メモ的に。

■ニコニコ動画(RC) - びんちょうタンの青い空

この編集はいい^^

■ニコニコ動画(RC) - ARIA the Animation ED曲 「rainbow」

いい曲だなぁ~^^

****
■ニコニコ動画まとめwiki
コマンドやツールなどの紹介。

■ニコニコ動画(RC) - 注目のタグ - 名曲アニソン

****
■ばるろぐ - TOKYO MX - 地獄少女セレクション

[ 続 き を 読 む ]
投稿者:barukichi - 投稿日時:2007-07-08 - 03:35:20
カテゴリー:Bookmark - トラックバック(No Trackbacks)
/

SNoW, 地獄少女OP関連動画幾つか

■[1] YouTube - SNoW - NightmaRe [jigoku shojo futakomori version]
■[2] YouTube - SNoW - NightmaRe [original version]

■[3] YouTube - SNoW - sakasama no cho [jigoku shojo version]
■[4] YouTube - SNoW - sakasama no cho [humoresque version]
■[5] YouTube - SnoW ~ Sakasama no Chou


アニメ「地獄少女」がイイ。
第1期はストーリーに少しスッキリしない感があったりしたけど、第2期(二籠; ふたこもり)はイイ!
地獄少女の取り巻き、三藁(さんわら)の出番が増えてて、少し笑いの要素も取り入れられてて。10話以降、どんどんよくなっていく。
きくり([1] 2:50~とか)の無邪気ぶりもいい感じw

ちなみに三藁の骨女([1] 1:20~, [3] 3:23~)がトコに似てる感じw

でも地獄少女の何がイイって、映像と音楽。特にオープニングのSNoWの曲がいいねえ。

第1期の「逆さまの蝶」、第2期の「NightmaRe」
両方ともイイ。地獄少女の世界観と絶妙に合ってる。

両方ともイイんだけど、NightmaReの、ロック調のポップに乗せた孤独感が素晴らしくいい。
部分的には、サビに移る部分~中間~サビの終わりに入る寂しげなストリングスが雰囲気出してて好き。
ベースラインもいい。
最終話を見た後にこの音楽聴いたときの、寂しいこと寂しいこと。

ニコニコやYouTubeで何度も何度も聴いてて欲しくなって、昨日アルバムCD(初雪)注文しちゃったよw
残念ながらDVD付きの初回限定版は売り切れだったけど、通常版を注文。

[1]の「NightmaRe (「地獄少女 二籠」version)」は地獄少女の感じが良く出てて、凄くイイ^^
初回生産限定版が欲しかったなぁ。あるにはあるんだけど、プレミア価格付いてんだよなぁw

でも、到着がたのしみ~^^

ちなみに、二籠のアニメDVDも買おうとして脳内部長に稟議申請中w
月刊「なかよし」に原作連載って、ニコニコ動画で目にしてなかったらこのアニメに出会うことも無かったかもしれない^^
↑Wikipediaちゃんと読んでなかったんだけど、アニメが原作らしいです。

漫画作品地獄少女は、アニメを原作とした永遠幸によるコミカライズである。「なかよし」で連載、「なかよしラブリー」で不定期掲載されている。

掲載誌およびページ数に合わせて、設定や展開、また特に画風がアニメ版とは大きく異なるため、アニメを先に見た読者の中には「幼稚だ」と不満の声が上がることがある。逆に漫画を読んでアニメを見た者からは、アニメ版より漫画版の方が好きだという意見もある。アニメ版の切り絵のような太い線を使ったシンプルな画風に比べ、少女漫画らしい少女向きの画風であり、ストーリーにも一定の評価がある


****
■NewSNoW日記

■SNoW OFFICIAL WEBSITE
■SNoW OFFICIAL WEBSITE - discography
■SNoW OFFICIAL WEBSITE - special - 初雪 ~ SNoWによる全曲コメント

■アニメソングの歌詞ならここにおまかせ? - 地獄少女
■アニメソングの歌詞ならここにおまかせ? - 地獄少女 二籠

****
■Wikipedia - 地獄少女
■Wikipedia - 地獄少女 二籠

****
■ばるろぐ - 動画いろいろ

■ITmedia +D Games - 寒い冬をさらに寒くする!? ホラーアニメ「地獄少女」に迫る

****
BOXの1~3まで注文してしまったw
4も発売されたら注文するかな。。。ww

いやぁ二籠は14~15話あたりから最終回(26話)まで、怒濤の盛り上がりだった。
第1期を遙かに凌ぐ盛り上がり。いいもの観た。

サントラも欲しくなっちゃったけど、当面我慢。
メモだけしとくw




****
第1期の最終回で、おばあちゃんが「やってほしいことがあるんだよ」って言ってたのは、第2期の24話で出てくる書籍出版のことなのかなぁ。想像以上に第1期と第2期でストーリーが繋がっているような気が。

****
■ばるろぐ - TOKYO MX - 地獄少女セレクション
«Prev || 1 || Next»